教団について About us

ホーム » 教団について About us

教団総理挨拶

「建て上げる」

 

私たちのフォースクエア教団はまもなく70周年を迎えます。

宗教法人も取得し、教会数も約40になり、少しずつ落ち着いてきました。

それは多くの先生方の努力の賜物であり、主の恵みに他なりません。

しかし、教団内の各教会を見ていくと、様々な問題と行き詰まりに悩み苦しんでいる教会も少なくありません。

この4年間は新体制の中で、理事たちをはじめ、実務委員会・特命委員会の先生方、そして、歴代の理事の先生方の力もお借りしつつ、それらの事にとりかかりたいと思っています。

私たち教団が一致して体を建てあげることに励みたいと思います。

 

1.毎月4日は日本フォースクエアの教団・ファミリーの為の祈りと防災訓練を行います。

ただ連絡を流すのみでなく、各教会の為の祈りと災害への備えの時としたいと考えます。

事が起こってから動くのではなく、その準備態勢を整えていきたいと思います。

 

2.また、今年度より教区が5つから4つになります。

「北部」「東日本」「西日本」「南部」です。

今までの中部教区を、関東と関西に振り分け、名前も新たにしました。

1年間の試し期間を終えての事です。しかし、これが最終の形ではなく、日本人と

ブラジルの先生方、他の国々の先生方と共に会議し、分かち合い、進めていく、暫時的な事

ととらえます。相互扶助の関係を作りましょう。

 

3.vision推進委員会の前総理の下で行われている働きも継続していただきます。

若い方々の為にも将来を見据えて投資していくのは、良いことと思います。

神様がその働きを教団全体に広げるまで、進めていただきたいと思います。

 

4.教団の新規開拓についても主から思いが与えられている方々と一致、協力しながら進めていきたいと思います。

 

5.事務局体制も整えていきたいと思います。

どの方が理事として立てられても、教団としての一年間の流れが、上手く円滑にいくように

、事務局体制を整えていく。フォースクエアらしく、アイデアと協力作りあげたいと思っています。

 

 

 

 

2017年7月吉日

教団総理

大城 けい子

 

 

 

 

 

ページトップに戻る