日本から世界へ From Japan to all the world

ホーム » 教団について About us » 日本から世界へ From Japan to all the world

日本から世界へ

日本におけるフォースクエアの歴史は、1950年のビリー・チャールズ宣教師によって始まります。彼女は千葉県で伝道を開始し、その後、東京都東大泉に教会堂を建てました。

一方、戦後の米国統治下にあった沖縄では1954年、クリストン・ケッチャム宣教師一家が伝道を開始しました。糸満を拠点とし、離島伝道、路傍伝道、療養所伝道、刑務所伝道が行われました。

現在、世界142カ国でフォースクエア教会が開拓され、その総数は37,818教会、教会員数4,078,832人、教職者数は52,193人となっています。日本全国では、40のフォースクエア教会があります。
ページトップに戻る